夢うつつで情報を受け取る方法を知りたいといわれます

 

シェア・エッセイ創始者 星野桜です^ ^

 

2017年5月13日に、公式サイトにアップしたのは、「星野桜の内観について」ですが、実は、これは夢うつつで書くように言われたものです。

 

私は、自分がいつから夢うつつで情報を受け取り始めたのか、ほとんど覚えていません。

 

ただ、1500個以上のシェア・エッセイを書いてきた自分のアメブロ内で、「夢うつつ」をブログ内検索してみたら、なんと154個もヒットしました。

 

 

私、こんなにも夢うつつのことを書いてたんですね!

と言っても、多い日は毎日夢うつつで情報を受け取っているので、もっとたくさんあるんですよ^^

 

日々、夢うつつで情報を受け取ってきたということなんですが、改めて自分でも驚きましたΣ(‘◉⌓◉’)

 

夢うつつって、トランス状態になっているときなんだそうです。

 

そんなことも、2年くらい前?に知りました。
ナチュラル・サイキックなため、スピリチュアルな知識など詳しくないので、知った時は「へぇ〜〜〜Σ(‘◉⌓◉’)」という感じでびっくりしてました。

 

トランス状態においては脳ではアルファ波〜シータ波が優勢になることが知られている。

トランス状態というのは何も宗教的な場面だけに見られるわけではない。

一例を挙げると、催眠療法というのは催眠を用いた心理療法であるが、一連の暗示操作によって覚醒レベルを下げて被暗示性を高めた状態(変性意識状態、トランス状態)に導き治療を行うものであり、トランス状態のもたらす緊張緩和効果を利用しつつ、リハビリテーション、教育、スポーツなどの幅広い領域へと応用されているのである。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9_(%E6%84%8F%E8%AD%98)

 

トランス状態は、表面意識に邪魔されない状態なので、フラットな自分の状態になれるんですよ。

 

つまり、高次の情報など、自分に必要なことを受け取ったり教わったりすることができるんです。

 

最初の頃は、夢と夢うつつの差があまりわからなかったのですが、最近はなんとなくですが、違いがわかります。

 

また、夢うつつで受け取ったことを実践すると、見事に症状が消えたとか、講座で使うテキストを見せてもらったとか、現実世界でいかせる情報ばかりだったこともわかりました。

 

時に、夢うつつで危険を知らせてもらったおかげで、難を逃れたこともあります。
だから、夢うつつで受け取った情報を信頼できるようになりました。

 

そんな風に、夢うつつの情報に助けてもらったり、教えてもらった通りの結果が出たことで、「ああ、夢うつつで自分に必要なことを教えてもらるんや!」と確信できるようになったんです。

 

夢うつつ体験をブログでもシェア・エッセイとして書いてきたことで、最近では、友人や受講生の方から、

「夢うつつから情報を受け取る方法を知りたい!」

と言われるようになりました。

 

でも、それは質問されるのでお伝えしているだけです。

 

そんなことは、前述の文章を読んでいただければお分かりいただけていると思いますが、わたしを読む講座は、「夢うつつを受け取るための講座ではありません」。

 

実際に、お伝えした方法を実践されて、夢うつつの情報を受け取れた方もおられます!

 

自分にちゃんと繋がることができ、向き合うことができる方なら、簡単にできることです^^

 

【わたしを読む講座】自体も、高次元の存在や大天使メタトロンなどから情報を得て完成しましたが、夢うつつでもテキストを教えられてそのまま使用しています。

 

【わたしを読む講座】に興味のある方は是非、グループセッションで、あるいは個人セッションで受講してみてくださいね。
わたしを読む講座の詳細はこちら

以下のお問い合わせフォームからもお気軽にお問い合わせください ^ ^

 

シェア・エッセイ創始者 星野桜

XPOI

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA