ご訪問いただき、ありがとうございます。
シェア・エッセイの創始者、星野桜です。

 

当サイトでは、自分を観て感じて書く、新しいエッセイの形【シェア・エッセイ】や、内なる自己につながり自分を大切にする方法をお伝えしている【わたしを読む講座】などをご紹介しています。

シェア・エッセイの由来についてはこちらをご覧ください。
わたしを読む講座については、こちらをご覧ください。

 

私は、これまで自らが実践して結果を出してきたことをお伝えしたくて、シェア・エッセイやわたしを読む講座を公開してきました。

これらを一人でも多くの方にお伝えできればと思って活動をしています。

 

シェア・エッセイと、わたしを読む講座に共通していることは、

「自分を生きること」
「自分を大切に生きること」
「Lifeを、日々を、自分を、観ながら丁寧に生きること」

につながっているということです。

 

私は、特に20代後半から、自分があまりに未熟で、人間として成長できていないことを知り、少しでも大人になりたい、成長したい、人並みの心の寛容さを手に入れたいと思ってきました。

 

人生の再スタート、大きな転機を迎えたときに、その思いはより強くなりました。

 

自分を成長させたいために、そして子供達を依存の輪の中から回復させたいがために、たくさんの本を読み、生き方を改めたい、自分で自分を育てなおしたいと願い、日々の生き方からやり直しをする努力だけはしていました。

 

その再スタートの時に、私の中にあった問いへの答えも求めていました。

「愛ってなんだろう???」
「愛するってどういうこと???」
「愛されるってどういうこと???」

 

両親に助けてもらいながら、仕事と子育てをしつつ、週に一冊の本を読み漁りました。
でも、愛を語る本の中にすら、あるいは人生の生き方を説いた本ですら、その答えはどこにも書かれていませんでした。

 

それが25年以上前のことです。
これまでの間にも、そして現在も、自分を自分で育て直すことを実践し続けてきました。
25年前よりは、少しは成長し、自分を大切に生き、自分を愛し始めることができています。

 

独自の方法で自分を見つめながら、とっても小さなことのやり直しをしてきただけの生き方でした。
これらは生きている間、続くことと思っています。

 

 

 

2014年に移住してから、それらが内観俯瞰と呼ばれるものであったことに気づき、私は感性が豊かでナチュラル・サイキックであり、自分がしていたことがチャネリングと呼ばれるものであったことを生まれて初めて自覚しました。

 

そのように、遅い自覚の中、25年の内観俯瞰、45年言葉を受け取ってきたことなどがいかされる「シェア・エッセイ」と「わたしを読む講座」が生まれてきたのです。

 

※「シェア・エッセイ」自体は、まだブログもFacebookもなかった頃、私の子供達に残せるものとして、書きたいと思っていたのが始まりで、そのようにネーミングしました。
「シェア」という言葉を頻繁に使っていたのは、Facebookよりずっと先です^^

 

2016年、読むだけで癒されると評判になった「シェア・エッセイ」に、なぜ癒しが起きるのかという理由がわかり、同時に高次とともに創りあげた「わたしを読む講座」が完成しました。

 

2017年、今の私にできること・・・。
それを今精一杯にお伝えさせていただきたい。
その思いから、当サイトを開設するにいたりました。

 

未完成のまま公開をしてしまいましたが、これからも成長し続けるサイトとして、私共ども、応援していただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

 

2017年5月7日 天赦日  星野桜オフィシャルサイト プレオープン

シェア・エッセイ創始者  星野桜
XPOI