ウニヒピリをケアすることが、自分を生き愛することになる

シェア・エッセイ創始者、星野桜です^^

※「シェア・エッセイとはどういうもの?」と思われる方はこちらをご覧ください。

 

2018年5月2日、トータル6回目のエクササイズ中(ホ・オポノポノ)の体験と気づきの記録です。

 

この日、ふとウニヒピリ(潜在意識)をケアすることをサボっていた自分を思い出しました。
私は1、2年前までは、毎日のようにウニヒピリと一緒にシャワーをしていました。
最近、それをしていないことに気づいたのです。

 

そこで今日、エクササイズをしながらウニヒピリに「シャワーする?」と聴いてみました。
即答でする!との返事。
早速、お湯の温度を42℃でいいか確認してOKが出たのですぐに浴室へ。

 

バスタブに入るというのでバラの花びらを浮かせていたら、ふとカサブランカが浮かんだので、それを浴室内に置こうかとウニヒピリに確認したらOKと。
そうしたら浴室内がとってもいい香りで満たされました。

 

次にシャンプーする前に髪をとかそうとウニヒピリの髪の毛をみてびっくり!
頭がまるでスズメの巣のように爆発して、髪が絡んでいたのです。

 

私はその姿を見て号泣しました。
こんな姿になるまで私はウニヒピリである自分をケアしていなかったのだとわかったからです。
ウニヒピリに申し訳なくて涙が溢れました。

 

ごめんねと言いながら髪をとかし、どんなシャンプーがいいかと聴いたら、バラの香りのがいいというのでそれを使って髪を洗いました。

 

あっという間に泡がウニヒピリの姿を包み込んでいてびっくり。
すると、ウニヒピリが急に両腕を突き出して万歳をしたので笑えました。

 

そしていよいよバスタブにダイブ。
バスタブの中はどこまでも深く潜れるほど深く、ウニヒピリは楽しんでいました。

 

と、急にバラの花びらの間からザバーっと顔を出したかと思うと、私をハグをしてくれたのです。
その瞬間、私はその無条件の愛に触れ、またもや涙が止まらなくなりました。

 

不思議なのですが、いつもウニヒピリとのハグはリアルではないのにリアルな体感があるのです。
だから余計にハートが反応して深い部分に触れているのがはっきりとわかります。

 

こんなにもほったらかしにした親である私を愛してくれていることに、感謝と喜びが溢れ、申し訳なくなり嗚咽しました。

 

ウニヒピリのケアの間、私はずっとエクササイズ中のマットの上で寝転んだまま嗚咽しながら、毎日シャワーしたりウニヒピリのケアを再開しようと心に決めました。

 

その時、大きな気づきがありました。

 

 

実はこの数ヶ月、「自分を見失っている」自分を感じていました。

一体どうしたら元に戻せるのか方法を教えて欲しいと、神さまに、ディヴィ二ティに懇願していたのです。

 

そして、今日このウニヒピリとの体験からその答えを見つけることができました。

それは、自分を生き、自分を見失わないため、自分を見つけるためには、ウニヒピリのケア、対話、交流が必須なのだということです。

 

つまり、内なる自分をケアして、自分と対話し、内なる神であるディヴィ二ティと繋がることで自分を見つけ、本来の自分を生きることができるようになるのだということです。

 

もっとまとめれば、ゼロの状態になって自分を愛することができていれば自分を見失うことはないということです。

 

おかげで、やっと見失っていた自分を取り戻してきた感じがしました。

 

今日たくさんエクササイズをして、ディヴィ二ティ、ウニヒピリと繋がったのですが、その時インスピレーションで「自分のために、たんたんと、ホ・オポノポノのクリーニング体験を公式サイトにアップしていく」ということが降りてきました。

 

ですので、これからなるべく小まめにクリーニング体験を記録して、これからは公式サイトにアップしていきます。

 

過去の体験は別のブログに書いてあります。
クリーニングを始めることになったミラクルなきっかけから始まって、数百?くらい体験を書いていますので、興味のある方は読んでみてください。
 

インスタグラムには、サクッと読める短い体験をアップしています。
よかったらフォローしてください。

ホ・オポノポノのシェア・エッセイの最新情報をリアルタイムにお届けでき、ご質問も受付している LINE@ホ・オポノポノのシェア・エッセイをご利用ください。

 

シェア・エッセイ創始者 星野桜
XPOI

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA